まだphotoshopで消耗してるの?Macで爆速で写真を切り抜く方法

写真から人物だけ、モノだけを切り取りたい時ってありますよね。
それを素材にアイキャッチを作ったり。
でも、それだけに1時間も2時間も費やすのもばかばかしくないですか?
Macだったら、3分で切り抜けます。 それも、特別なソフトを使わずに。プレビューで。

その方法は
インスタントアルファ を使うこと。

本当に3分で切り抜けます。

記事を読み終わってからはphotoshopで消耗する日々から卒業できます!

スポンサーリンク

写真から人物だけを切り取る

例として使うのはこの写真。

自分の画像が一番ですね!

この画像から、僕だけを切り抜きます。

 

対象の画像をプレビューで開く

まずは対象の画像をプレビューで開きます。
通常はダブルクリックをすればプレビューで開きますが、
command + O(オー)
で開くこともできます。

 

マークアップツールバーを開く

プレビューで対象の画像を開いたら、マークアップツールバーを開きます。
画像のボタンをクリックします。

もしこのボタンが出ていない場合には、
表示→マークアップツールバーを表示

で開くことが可能です。

インスタントアルファを選択する

このマークがインスタントアルファです。

これをクリックします。

 

ドラッグして対象部分をcommand + Xで切り取る

インスタントアルファをクリックすると十字マークが表示されるので、ドラッグします。

すると、画像の一部分が以下のように赤く反転します。

この反転した部分が切り抜かれます。
つまり、対象の人物、モノを赤く染めてあげればOKということです。

対象部分が反転したら、command + X で切り取ります。

多少わかりにくいですね。

インスタントアルファで他の部分も削る

同じようにインスタントアルファで他の部分も削りましょう。

一回でうまくいかない場合には複数回に分けて行います。
今回は完全に人だけを切り取りたいので、同じようにドラッグしてcommand + X で切り取ります。

それでも5分かからないですけどね。

インスタントアルファを数回繰り返した結果

インスタントアルファを数回繰り返すと、こんな感じになりました。
ブログのアイキャッチを作るには十分なクオリティですよね。

あとはこれをCanvaで開いて、同じように切り取った宅麺で注文したラーメンをはめ込めば

こんなアイキャッチが完成です。

まだphotoshopで消耗してるの?Macで爆速で写真を切り抜く方法:まとめ

  • 人物や物の切り抜きはインスタントアルファを使えば3分で終わる
  • 1回でできなくても複数回繰り返せば切り抜ける
  • 手順は超簡単

画像や物が切り抜けると加工の幅が一気に広がりますよね。
時短技を駆使して効率アップ!
生み出した時間でさらに記事を書きましょう!

Macで爆速の写真一括リサイズ方法も要チェックです。

Macで「爆速」「一括」で写真のリサイズをする方法は超簡単!

ブログを書く時間がない?iPhoneでネットサーフィンしてませんか?そんな時はアクセスブロックをして暇つぶしサイトを見れないようにしちゃいましょう。

「時間がない」はホント?iPhoneで特定のサイトをブロックする超絶簡単な方法