【宅麺レビュー】二郎系:火の豚「フュージョン」は二郎と中本の掛け算!うまい!!

伊豆に住んでいながらなんだかんだで週に一回は二郎系を食べています。ちだです。(@c_dalio)
さて、恒例の週一二郎欲がやって参りました。恒例ですが一回は考えます。

湘南藤沢店まで2時間強、電車代往復3,000円払って食べに行く?

近場のインスパイア、30分で着くけど1,200円払って食べに行く?

結構どちらも本気で揺れます。でもやっぱり、湘南は遠いし時間ないし金かかるし。インスパイアは満足度が低すぎだし。
で、結局最も合理的に二郎欲を収める方法に落ち着きます。

宅麺



ですね。

今回は埼玉県久喜市にある火の豚さんのレポートです。

 

スポンサーリンク

宅麺とは

その前に、宅麺とは何か、本当にお得で合理的な選択肢なのかを簡単に。

 

宅麺.comの概要

宅麺.comはその名の通り「ラーメンの宅配」です。「あの店の味」が自宅で味わえるサービスですね。え?スーパーで売っているような「名店の味」とはどう違うのかって?
全然違うんです。
お店で使っているスープ、麺をそのまま凍らせているんですね。つまり、お店の味「そのもの」なんです。
「家」で「本物の二郎系」が(なんかややこしい)食べられるんですね!僕は最初に食べた時本当に感動しました。

 

宅麺は本当にお得なのか

では、宅麺って本当にお得なんでしょうか。
これも僕なりの結論が出ています。結論は
圧倒的にお得 です。

 

おおよその比較表はこんな感じです。

宅麺一食:1,400円!!
*送料含む。一度に4食頼んだ場合。伊豆居住の場合。

地元のパクリ店一食:1,230円
移動時間片道:30分
*車移動。金額は僕が満足できるメニューを頼んだ場合。

直近の直系二郎湘南藤沢店一食:830円(安い!)
交通費片道:1,460円
移動時間片道:2時間
*メニューは小豚。移動は新幹線を使わない場合。

 

いかがでしょうか。
「交通費」「移動時間」「満足度」全てにおいて宅麺の圧勝だと僕は思います。
送料などの詳しい検証は【宅麺レビュー】地方二郎難民に告ぐ:魔人豚の満足度はパクリ店舗をはるかに超えている【二郎系】をぜひご覧ください。

ちだ
宅麺の素晴らしさを実感したところでようやく火の豚のレビューです!

 



 

宅麺で二郎系:火の豚「フュージョン」を注文したよ!

今回レビューするのは埼玉県久喜市にあり、ラーメンデータベースでは89.0ポイントの「火の豚」さんです。
ここはみんな大好きラーメン二郎とみんな大好き蒙古タンメン中本の2店舗で修行経験のある方がオープンしたお店。
今ラーメン界で最もコアなファンを獲得している二大巨頭を知っているのです。

そしてそんな店主さんが発明したのが

ラーメン二郎 + 蒙古タンメン中本

という異色中の異色なラーメン。

その名もフュージョン

キワモノでしょ?

狙いすぎでしょ?

そう思うじゃないですか。

僕も正直半信半疑でした。

でも

めちゃめちゃうまい

です。

騙されたと思って。
 

宅麺で届いた火の豚「フュージョン」の中身を確認

袋を開けると、作り方やオススメトッピングなどが書かれた紙が登場します。これは宅麺で注文できる全店共通。

 
二郎と中本の夢のコラボです。
写真だけでたまりませんね。

はやる気持ちを抑えて中身を確認しましょう。
スープ、麻婆豆腐、麺の3袋構成です。

 

それでは調理開始です。

ちだ
ぶっちゃけ、湯煎するだけなので調理をする必要は全くありませんが!

 

宅麺:火の豚「フュージョン」の調理開始!

スープと麻婆豆腐を一緒に湯煎します。

 

二郎系と言えば大量のキャベツとモヤシ!スープの隣で茹でます。1口コンロの場合は、スープ湯煎→別に沸かしたお湯につけておく→その間に野菜、麺を茹でる→最後にもう少しだけスープを湯煎する、で良いですね。

 

野菜が茹で上がったら、その鍋で麺を茹でます。
凍っている麺を

 

そのまま沸騰しているお湯に入れてこのくらいの火加減を維持します。
差し湯はしてもしなくてもいいです。しない場合、ふきこぼれそうになったら弱火にしましょう。

 
茹で加減の目安時間は書いてありますが、お好みで。
たまに一本出して食べることをお勧めします。

丼にお湯をはって準備。

 

丼がない?何度も言いますが、まじで買ったほうがいいです。溢れます。

 
麺が茹で上がる数分前に湯煎していたスープを取り出します。

 

気持ち振ってから丼へ投入します。

店主さんの言葉を借りると、麻婆と合わせるために少し甘めのスープにしているとのこと。

 

続いて麺を湯きりして丼へ。

 

パッと見た感じはブリンブリンですね。
スープとなじませます。

いい感じの色づきですね。

たまりませんね。
野菜と豚を乗せましょう。
期待で手が震えてうまく乗せられません。

 

豚が期待以上の厚みです。
これは良い意味で期待を裏切られました。

この厚さ。

説明書には
麻婆は最初別皿にして、辛さを調節したほうがいいよ
とあるのでそうします。

しっかり豆腐も入っていて、期待感がさらに高まりますね。

調理の所要時間は、
ここから

ここまでで

20分です。
外に食べに行くことを考えると、非常にお手軽ですよね。

 

宅麺:火の豚「フュージョン」実食

■麺

ブリブリもちもちな食感。
同じ宅麺の二郎系と比較すると最も近いのは魔人豚です。
火の豚の方がやや細いかな、くらいで食感やすすった感じはほぼ同じ。(ちだ比)

 

■豚
かなり厚みのあるバラ肉。

これで豚が2枚だったら神域だったのですが、残念。
ただ、非常に美味しいです。
ウデ肉派のちだですが、これはうまい。

 

■スープ

乳化していて甘め。
こちらも失礼ながらかなり美味しいです。

麻婆豆腐が無く、単品でもじゅうぶんにハイレベルな二郎系です。

 

■麻婆豆腐

これがかなりうまいです。

本家中本の蒙古タンメンと比較すると辛味はややおとなしめですが、それでも辛いもの好きをじゅうぶん満足させるレベルの辛さ。

僕はかなり辛いものが好きでうどんに相当量の一味唐辛子を振りかけますが、そんな僕でも辛味を感じます。
辛党にはオススメですね。

さらに麻婆豆腐を別皿にすることでこんなお楽しみが。

豚をくぐらせる

麺をくぐらせる

昇天です。昇天。

 

宅麺:火の豚「フュージョン」まとめ

正直、キワモノだと思っていた僕がいました。
しかしなんと、ベースとなる二郎系のラーメンも、中本を彷彿させる麻婆豆腐も、どちらもかなりハイレベルでした。

単純に二郎と中本の足し算ではなくお互いがいいところを引き出し合う

掛け算の美味しさ

がフュージョンにはありました。

まさに唯一無二。
これが家で食べられるのは素晴らしいですね。



 

宅麺の他のお店レビューもどうぞ!
【宅麺レビュー】地方二郎難民に告ぐ:魔人豚の満足度はパクリ店舗をはるかに超えている【二郎系】

【宅麺レビュー】地方二郎難民に告ぐ:魔人豚の満足度はパクリ店舗をはるかに超えている【二郎系】


【宅麺レビュー】二郎系:武丸の幅広麺と濃厚スープは完全に二郎のそれだった

【宅麺レビュー】二郎系:武丸の幅広麺と濃厚スープは完全に二郎のそれだった


【宅麺レビュー】二郎系:桐龍がなんならもうほぼ本家二郎だった件

【宅麺レビュー】二郎系:桐龍がなんならもうほぼ本家二郎だった件


【宅麺レビュー】二郎系:どでんは麺が秀逸

【宅麺レビュー】二郎系:「どでん」は麺が秀逸!