お風呂が嫌いな子どもが進んで入るようになった?!秘密兵器は「スタックストー」

3歳になったばかりの娘。
彼女とはだいぶ前からほぼ毎日のようにこんなやり取りをしていました。

ちだ
お風呂入るよ!
ムスメ
いーやっ!後で!!
ちだ
やだじゃない!もうお風呂に入る時間!
ムスメ
やだやだ!入らない!

そしてしびれを切らし

ちだ
ほら!入るよ!!(半ば無理やり連れて行く)
ムスメ
嫌だって言ったのにー!!

泣かれる。

一回泣かれると、そこから通常に戻るまであやしたりなだめたり説明したりで時間も労力もかかりますよね。

こうなるのが嫌なので、お風呂で遊ぶおもちゃを買ってみたり。でもすぐに飽きるから何度も買って結構な支出になったり。

3歳の娘がお風呂に入りたくなる魔法はないかしら。自問し続ける毎日。

そして

なんと

その魔法

あったんです。
スポンサーリンク

お風呂嫌いな子どもが進んでお風呂に入るようになった魔法

それが、スタックストー

ムスメはこれにお湯を入れて「小型自分用お風呂」にして毎日、自分からお風呂に入るようになりました。
ありがたや…

彼女にとって、スタックストーの中が「自分だけの特別な空間」になっているみたいなんですね。
大人にとっても、お風呂に入っている時間って「自分だけの特別な空間」でなんとなくのんびりできるじゃないですか。
子どもができてからは特に一人のお風呂時間は貴重なので、その思いが強くなりました。

きっと子どもも同じなんですね。

スタックストーをお風呂に使うってどんな感じ?

細かいサイズや色などの前に、実際にどんな感じで使っているのかをお見せしますね。

使っているのはスタックストー「四角形」の「サイズL」です。

色味がステキなのもテンションが上がる理由でしょうか。

さて、このサイズに子どもが入ったらどうなるのでしょうか。
今回は身長80cm、座高47cmの巨大サボさんに入ってもらいました。

気持ちよさそうに入っていますね。

実際は、子どもは体育すわりをして入るので2歳から4歳くらいまでの子がちょうどすっぽり入って肩から上が出る、という感じでしょうか。
そのすっぽり感も「自分だけの空間」感を演出してくれているのかもしれません。
お風呂よりもお湯の量を調整するのが楽なので、小さいうちから「自分専用お風呂」として使えるのも魅力です。

ちなみに、お湯の容量は最大40Lです。

子どもが一人でこの中に入って遊んでいる姿は悶絶ものの可愛さですよ。

スタックストーってなに?大きさは??

では、そもそもスタックストーとは何か、という点について簡単に見てみます。

スタックストーとは何か

スタックストー公式HPより

「French taste」×「日本の知恵」

フランスらしい細部にこだわったスペックとデザイン。
居住空間を大事に上手に使いたいという日本の想いと知恵。
その2つがスタッキングという概念を共有した事で、
stacksto, baquet(スタックストー バケット)は生まれました。

フランス生まれなんですね。
道理で色味が外国っぽい。空間にこれがあるだけでなんかオシャレに見える不思議さ。

スタックストーの大きさは?

いろんな商品がありますが、今回は子ども用お風呂にも使える「baquet」(バケット)という商品に注目してみます。

■サイズ
サイズはS、M、Lの3種類があります。
今回子どものお風呂として使ったのは「Lサイズ」です。

■Lサイズの大きさ
幅41 × 奥行き41 × 高さ33 cm
となっています。
実際に子どもを入れると先ほどのようになりますね。(サボさんですが)

ちなみに、Sサイズ、Mサイズの大きさは以下の通りです。
Sサイズ
幅30 × 奥行き30 × 高さ24 cm
Mサイズ
幅33.5 × 奥行き33.5 × 高さ29.5 cm

スタックストーの色ラインナップは?

なんと、9色あります。
主な色を見てみましょう。

ホワイトグレー

「スタックストー」 収納ボックス baquet (バケット) ホワイトグレー L 40L
by カエレバ

ブラウン

stacksto baquet スタックストーバケット (Lサイズ, ブラウン)
by カエレバ

イエロー

スタックストー(stacksto) バケットLサイズ:イエロー
by カエレバ

ブルー

他にも赤、緑などがありますが、空間にあるだけで本当にオシャレに見えるのでお風呂としてはもちろんですがお部屋の収納用としてもいいですね。

お風呂が嫌いな子どもが進んで入るようになった?!秘密兵器は「スタックストー」:まとめ

毎日お風呂に入る入らないでケンカしていた3歳の娘が、進んでお風呂に入るようになった魔法は「スタックストー」でした。
彼女は「自分専用の特別な空間」を手にして、「お風呂は面倒なもの」から「お風呂は自分の時間」という認識に少しずつ変わっているのかもしれません。
こうして少しずつ自立していくのかなと親としては少し寂しい気持ちになりますが、日々のお風呂ケンカがなくなってくれる方がはるかにありがたいのでスタックストー様様です。

お子さんのお風呂嫌いに悩んでいらっしゃる方はぜひ試してみてください。
もしダメでも、お部屋のおしゃれ収納に使えますので(むしろそっちが本当の使い方ですが)ご安心を。

以上、「お風呂が嫌いな子どもが進んで入るようになった?!秘密兵器は「スタックストー」」でした。

みいつけた サボさん 特大 ぬいぐるみ 座高47cm
by カエレバ